「ペグ・アモーレ」脳トレセンサーボード

高齢者が簡単に楽しめる
本格的認知機能検査・訓練機器

筑波大学による豊富な研究データに基づき、指先の巧緻性と認知機能が強い関連性を示すという知見が得られました。本製品はこの知見を活用することで、高齢者が簡単に楽しみながら自身の認知機能レベルを知り、健康づくりに生かすために開発されました。

機器概要

  • 事 業 主 体 名 : 株式会社シロク
  • 事業期間 [分類] : 2016.11 - 2017.3 [試作開発]
  • 参 加 団 体 名 : 筑波大学大藏研究室

「ペグ・アモーレ」が
解決してくれること

楽しく簡単にトレーニングできる

ペグを穴に差し込むという動作は、単純ながら達成感があり、少しでもタイムを短縮したいという人間の本能に訴えかける

非接触型ペグ開発で電子データ化

トレーニング結果を即時電子データ化し評価、科学的に認知機能レベルを評価できる

筑波大学による豊富な研究データの蓄積

長年の疫学調査研究によって収集された大規模データの解析で認知機能を評価でき、今後、将来予測もできる可能性がある

私たちの研究成果を、早期の介護予防に役立てて頂きたい。

最長寿国となった日本において、介護予防への取り組みは重要です。私たちの研究成果の一つである「指先の巧緻性と認知機能との関連性」を広く皆さまに知って頂き、早期の介護予防に役立てて頂きたいと考えております。本製品は簡単で楽しく誰でも取り組める検査・訓練機器なので、多くの高齢者の皆さまに歓迎して頂けるものと確信します。

筑波大学 体育系・高細精医療イノベーション研究コア 准教授 大藏倫博 氏

求められるものを実現するために最適な技術を選ぶ、もしその技術が存在しないなら発明する。

株式会社シロク 代表取締役 小川保二 氏

01.

非接触型センサーペグの開発に当社の特許技術を活かせました。求められるものを実現するために最適な技術を選ぶ、もしその技術が存在しないなら発明するのが当社の姿勢です。健康分野への進出にあたって、筑波大学の大蔵先生と出会い意気投合しました。元気な社会を作ることに貢献したいと考えています。
本機は今後IoTやAIといった最新技術を導入できるようなハード構成で、将来のビッグデータ処理をも構想しています。

開発でどんなところが大変でしたか?

部品屋的になることで、エンドユーザーからも遠く、情報がなかったことです。既存事業では、カメラを使ったタッチパネルなど、各種センサーを開発・販売していますが、どうしてもエンドユーザーからは遠い。我々は、直接お客さんに役立つシステムをつくりたいと思っていました。センサー開発は得意ですので、その技術を活かして、ヘルス分野に進出したいと考えています。また、準備していたので大丈夫でしたが、11月から3月までと、開発期間が短いことは大変でした。

02.iGNTはどのような形で役立ちましたか?

大いに助かっています。実際に開発をやってみると費用がそれなりにかかると実感しました。もうちょっと予算を多く取りたかったなと思うくらいです(笑)。
でも多額の支援を受けることで、試作レベルのものまで完成させることが出来ました。もうちょっと頑張れば、出荷できるところまで辿り着いています。

03.今後、どのように発展して
いきたいか聞かせてください。

iGNTの支援の一つに、機器の導入補助があるため、量産化がうまくいけば、まず色々な施設の方に、モニターとして使ってもらえます。県内なら補助適用の可能がありますので、まずは県内に広めて、全国に出したいと考えています。最終的には、日本で良い結果を得て、世界に出していきたいと思っています。

機器への問い合わせ